スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブレイズ・サイクロン】

A7483_Z1.jpg

原案ができたのは1年以上前www

メインデッキのパーツも(やっと)そろって動作確認もできたのでアップします( ^ω^)

デッキレシピ

モンスター(21枚)

《サイバー・ドラゴン》×2
《A・O・J サイクロン・クリエイター》×3
《ヴォルカニック・ロケット》×3
《ヴォルカニック・バレット》×3
《カードカー・D》×2
《ボルト・ヘッジホッグ》×3
《カードガンナー》×2
《BF-精鋭のゼピュロス》
《ゾンビキャリア》
《クリッター》

魔法(12枚)

《融合》×2
《ブレイズ・キャノン》×2
《継承の印》×2
《サイクロン》×2
《未来融合-フューチャー・フュージョン》
《死者蘇生》
《貪欲な壺》
《おろかな埋葬》

罠(7枚)

《デモンズ・チェーン》×2
《安全地帯》×2
《神の警告》×2
《神の宣告》

エクストラ(15枚)

《ガチガチガンテツ》×2
《ダイガスタ・フェニクス》
《虚空海竜リヴァイエール》
《スターダスト・ドラゴン》
《スクラップ・ドラゴン》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《マジカル・アンドロイド》
《A・O・J カタストル》
《重爆撃禽 ボム・フェネクス》×2
《起爆獣ヴァルカノン》
《キメラテック・オーバー・ドラゴン》


デッキ解説

概要
このデッキは《A・O・J サイクロン・クリエイター》を利用したセルフバウンス、ワンショットキルを狙っていくデッキになっています。《ガチガチガンテツ》の防御力や《ブレイズ・キャノン》の除去力もとても強力でデッキの安定性はなかなかのものだと思います。

デッキの動かし方
序盤はとにかく積極的に墓地を肥やしていきましょう。《ボルト・ヘッジホッグ》が墓地に2以上落ちたあたりからこのデッキの実力が発揮できます。特に《未来融合-フューチャー・フュージョン》による墓地肥やしは強力で《起爆獣ヴァルカノン》、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を指定することで《ヴォルカニック・バレット》と機械族モンスター、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を指定することでデッキ内の《ボルト・ヘッジホッグ》全てを墓地に送ることができます。その際、後述するコンボの準備も兼ねて《A・O・J サイクロン・クリエイター》も全て墓地に送っておきましょう。
中盤以降は《ガチガチガンテツ》の援護を受けながら戦闘していきます。ワンショットも狙いながらで。
《ヴォルカニック・ロケット》や《カードガンナー》(自ターンのみ)が2300打点になるのは非常に強力でそのままゴリ押しできることもあります。面倒なモンスターは《ブレイズ・キャノン》や《安全地帯》バウンス等で除去していきましょう。

ワンショットキル
↓がコンボの条件になります
・手札《継承の印》
・手札《A・O・J サイクロン・クリエイター》(墓地に3体でも可)
・コストになる手札1枚以上(2枚あれば問題ナシ)
・墓地《ボルト・ヘッジホッグ》
・墓地《A・O・J サイクロン・クリエイター》3体(手札にあれば墓地2体でも可)

ここからはコンボの手順になります。

手順1
手札の《A・O・J サイクロン・クリエイター》ns(墓地に3体の場合は《継承の印》でss)、
場にチューナーがいるので《ボルト・ヘッジホッグ》ss、《継承の印》で蘇生の場合は《A・O・J サイクロン・クリエイター》効果でバウンス。

手順2
《A・O・J サイクロン・クリエイター》と《ボルト・ヘッジホッグ》でレベル5シンクロss
手札コストを稼ぐため最初に出すのは必ず《TG ハイパー・ライブラリアン》で。

手順1、2をあと2回繰り返します。

手順3
《継承の印》で《A・O・J サイクロン・クリエイター》ssその後効果でバウンス。
《TG ハイパー・ライブラリアン》以外のレベル5シンクロと《A・O・J サイクロン・クリエイター》で《スターダスト・ドラゴン》or《スクラップ・ドラゴン》ss。

この手順を2回繰り返します。

手順4
《継承の印》で《A・O・J サイクロン・クリエイター》ss。
《スクラップ・ドラゴン》効果で相手のカードどかすなどして一斉攻撃。

1400+2400+2500+2800=9100


になります(・ω・)


カード解説

《A・O・J サイクロン・クリエイター》
種族に恵まれ、効果も魅力的なこのデッキの中心になるカードです。
チューナーとしても強力ですが、状況によってはセルフバウンスも行うことができ柔軟性があります。
《ガチガチガンテツ》等を駆使してこのカードを援護していきましょう。

《ボルト・ヘッジホッグ》
《A・O・J サイクロン・クリエイター》との組み合わせが強力です。また、《ゾンビキャリア》と組み合わせることで召喚権を残してランク2のエクシーズ召喚も可能です。
《未来融合-フューチャー・フュージョン》等で最優先で墓地に落としたいカードです。

《ゾンビキャリア》
主に《ボルト・ヘッジホッグ》とコンビを組むことになります。
蘇生効果には手札コストが必要ですが、《ヴォルカニック・バレット》とのコンボにより、実質500ライフコストで蘇生できます。

《融合》
主に《重爆撃禽 ボム・フェネクス》、《起爆獣ヴァルカノン》の手札融合を狙っていきます。
本来手札融合はディスアドバンテージが大きいのですが、このデッキでは《ヴォルカニック・バレット》や《ボルト・ヘッジホッグ》の存在があり手札にあるこれらのカードを墓地に送る手段として使えます。

《継承の印》
条件付きの《早すぎた埋葬》で、ワンショットキルのパーツです。
「墓地に同名カード3枚」という厳しい条件ですが、《未来融合-フューチャー・フュージョン》により簡単に条件を満たすことができます。発動できれば強いカードですが、これが無くても問題なくデッキは動きます。

《ブレイズ・キャノン》
このデッキの除去の中心になるカードであり、《ヴォルカニック・ロケット》の存在により手札コストにも利用しやすいカードです。この効果を使用したターンは攻撃ができませんが、《カードカー・D》とデメリットを共有することができます。

《安全地帯》
このカードにより《A・O・J サイクロン・クリエイター》が手札コスト付きの除去効果を持ったモンスターとして運用できます。他にも《カードガンナー》を維持することで毎ターン3枚の墓地肥やしをすることができます。


採用候補

《異次元からの埋葬》
《ボルト・ヘッジホッグ》や《ゾンビキャリア》の再利用に使えます。
上の2枚はエクシーズ素材に使うことがほとんどなのであまり除外されることはありませんが、展開した後の《激流葬》等を警戒するのであれば心強いカードになると思います。

《オーバーロード・フュージョン》
《キメラテック・オーバー・ドラゴン》指定で大量の機械族を墓地に送るなら【未来オーバー】を狙わない手はないでしょう。機械族の数はさほど多くないですがそれでも致命的なダメージを与えることができると思います。
今回はスペースを見つけることができませんでした(´・ω・`)

弱点
なんといっても墓地利用&モンスター効果のメタにはものすごく弱いです。
永続系のメタカード(《マクロコスモス》や《スキルドレイン》)はサイドからでも対策できますが、《エフェクト・ヴェーラー》はもうどうしようもありません。打たれたら大人しく渋い顔をしてあげましょうwww
あと、このデッキの防御は永続罠、《ガチガチガンテツ》に依存している部分があるので改造する際は、バックの増量も検討した方が良いと思います。


デッキの解説は以上になります。

今回はwikiオートリンクを採用してみました。以前から興味があったのでww
今後も使っていくかどうかは時間がたってから考えたいと思います。
それから以前アップしたいくつかのデッキ記事ではカード解説で1枚ずつ画像も載せていたのですが今回はそれがありませんね。
アレをやると容量がどんどん蓄積されちゃうので今後はメインになるカードだけトップに載せたいと思います。

デッキの完成度としてはかなり満足しています。最近組んだデッキの中でも個人的に自信作に入るでしょう( ^ω^ )
ちなみにデッキ名は超適当です(《ブレイズ・キャノン》と《A・O・J サイクロン・クリエイター》混ぜただけww)
そして相変わらず《ダイガスタ・フェニクス》持ってませんww
さっさとエクストラも完成させてフリーで暴れてもらうとします( ^ω^ )

《エフェクト・ヴェーラー》なんて知らんっ!!


それじゃ!
スポンサーサイト

コメント

No title
サイクロンクリエイター懐かしいw
自分も以前チューナー縛りデッキで使ってましたw

下準備が大変ですが決まればかなりやばそうなデッキですねw
ワンキル狙わなくてもガンテツ利用してビートダウンしていけるという
二つの戦略があるのは面白そうですw

あと継承の印を素早く手札に加える為にアームズホールはどうでしょうか?
不安定ながら墓地肥やしもできますし( ̄・ω・ ̄)


あ、あと余談ですがボルヘジゾンキャリ王宮の鉄壁でワンキルできるので鉄壁とか面白いかもです(^ω^)
Re: No title
>>あんこや。さん
サイクリは「手札を捨てる」というコストといい、バウンス効果といい、魅力の塊にしか見えませんでしたねww
・・・ただ、パーツ集めるのめんどくさかっただけ(;´∀`)

ワンショットの下準備ですが、適当に墓地送りしてるだけでも条件そろっちゃうことがちょくちょくあったのでそんなに苦にはなりませんでしたね(・∀・)
それができなくてもガンテツ利用のゴリ押しは心強いですww

>アームズホール
これに関しては以前フリーデュエルで使った時にも相手さんに提案していただきました。
特にワンショットコンボにはこだわってなかったのでスルー気味だったんですが良く考えたら継承スタートだったら召喚権いらないんですよね。ちょっと試してみたいと思います( ^ω^ )

ボルヘジゾンキャリ王宮の鉄壁っていうことはキャノンソルジャー・・・かな?
一応未来融合なんかで簡単に墓地に送れますね(・∀・)
その場合ダークバーストがいい仕事しそう・・・

・・・なんかワンキル特化ができそうな気がwwww
No title
何このデッキ超面白そう!
しかもデッキでこんなに語れるなんて・・・愛ですかね

自分なんて5行かいたらネタ尽きますよwww
あ、ゼンマイは一日中語れますが

やっぱりAOJは産廃なんかじゃなかったんや!
AOJリバースブレイク「やあ」
AOJリサーチャー「呼んだかい?」

ショーソン「」
Re: No title
>>ショーソンさん
まぁ、これだけ解説文かけるのも結構な自信作になったからですね( ^ω^ )
これでも、ところどころ省略してる部分もあります。
でもこれ以上かいたらユニコンみたいになります(つまり超長い)wwww

AOJはワーム撃退するのに命かけてる印象ががががが。
シナジーとか(笑)なAOJだけどサイクリはダイヤの原石のような存在だと思ってます(∀`*ゞ)

>リバースブレイク、リサーチャー
俺「君たちはお呼びじゃない!!」( `・ω・´)

リバースブレイク「・・・!」(゚Д゚)
リサーチャー「・・・」(´Д⊂ヽ

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。