スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察というよりメモ書き】ライジング・エナジー


ライジング・エナジー
通常罠
手札を1枚捨てる。発動ターンのエンドフェイズ時まで、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の攻撃力は
1500ポイントアップする。


手札コストが必要なものの、コンバットトリックとしてはなかなか優秀ではないでしょうか。
収縮や禁じられた聖槍など攻撃力を下げるカードでは強力なものが多いですが、攻撃力を上げるタイプのコンバットトリックはあまり多くはないと思います。

攻撃力を上げるタイプの利点は、守備力が高いモンスターを出されても対応しやすい点でしょうか。
今のところ高打点のモンスターを並べるのが基本だと思いますが、いずれ守備力が高いモンスターを主力にしたデザイナーズデッキ(そんなの出るのか)が登場すれば、今よりは注目されるかもしれません。

あとは、直接攻撃時に与えるダメージを増やせる点。
突進1枚でもガンマンの効果1回分に近い数値を出せますし、ライジングエナジーの場合は1500なので決して侮れないですね。


場に表側表示のモンスターさえいれば発動できるので、使い勝手の良い手札を切るためのカードとして扱うことも可能でしょうか。
例えば、魔轟神獣ガナシアをコストにこのカードを発動した場合は、捨てたガナシアと展開しながらモンスターを強化できます。直接攻撃できれば大ダメージを与えられるでしょう。
他にも、「カオス」シリーズなど墓地のモンスターが必要なカードのサポートも可能です。

コンバットトリックにもなり、エンドカードにもなり得る…そんなカードでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。