スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察というよりメモ書き】光の追放者


光の追放者
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻 100/守2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。


全体除外系の元祖。「生きるマクロコスモス」みたいな感じですね。
効果は強力ですが、攻撃力が100ということで普通に手札から召喚という使い方はきついかもしれませんね。
守備力が高いですが裏守備で出しても効果を発揮できないので使いづらい部分があります。

今では、1600とそこそこの攻撃力を持っている閃光の追放者やこのカードより処理されづらい次元の裂け目やマクロコスモスがあるのでこのカードの出番も減ってきました。

このカードを使う場合は「攻撃力の低いモンスターカード」というところに価値を見出していくべきだと思います。

まず、攻撃力が100の天使族モンスターということでコーリングノヴァのリクルート対象になれます。
その場合、守備表示で場に出せるので2000という高い守備力を生かせます。
横にフレイヤを添えてあげると2400となり、より突破が難しくなります。

また、攻撃力が500以下なのでデブリドラゴンの蘇生対象でもあります。
このカードのレベルが3なのでデブリドラゴンとチューニングしてレベル7のシンクロモンスターを召喚できます。
ただ、このカードとデブリドラゴンの共存はなかなか難しそうですが…

あまり見ないですが、神光の宣告者の対策としても使えます。
神光の宣告者はコストを墓地に送らなければ効果を発動できませんが、マクロコスモスや次元の裂け目の場合発動した時にチェーンブロックを作ってしまうので、無効にされてしまいます。
その点光の追放者の場合は、ただ召喚するだけでいいのでチェーンブロックを作らずに効果発動を封じることができます。

他にも、相手の墓地肥やしカード(おろかな埋葬など)にリビングデッドやリミットリバースなどをチェーンしてこのカードを蘇生してあげると、これらの蘇生カードを擬似的なマクロコスモスとして使用できます。
この場合、低い攻撃力をどうにかしてカバーしなければいけませんが…


このように、閃光の追放者やマクロコスモスにはないメリットがこのカードにはあります。
リクルーター2種に対応しているので、それらを使用しているデッキならサイドに1枚挿しておくだけでも十分機能しそうですね。

スーパーレアがあればもっと良かったのに…

スポンサーサイト

コメント

No title
スーパー・・・
初期のレアでいいと思うw
効果は・・・強い
リクルータに対応してるのもね
除外テーマは最近あまり見かけないねー
Re: No title
>たろーさん
俺スーパーレア好きですからねー。出たら即買いです(笑
除外することがテーマのデッキは除外するためのカードを引かないと機能しないので扱いが難しそうですよね。
なかなか安定しないから使う人が少ないのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。