スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察というよりメモ書き】スター・ブラスト

どうやらこのシリーズ、毎週木曜日の更新になりそうです。
というわけで、今週はこれだ!

スター・ブラスト
スター・ブラスト
通常魔法
500の倍数のライフポイントを払って発動できる。
自分の手札または自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選び、
そのモンスターのレベルをエンドフェイズ時まで、
払ったライフポイント500ポイントにつき1つ下げる。


手札のモンスターのレベルを下げてリリースなしでアドバンス召喚したり、フィールドのモンスターのレベルを下げてシンクロ・エクシーズに繋げたりと戦術の幅を広げてくれるカードです。
ただ、1枚では何もできないこととこのカード自体が1枚分のディスアドバンテージであることが欠点。

使い道はいろいろありますが、今採用される上級モンスターはだいたい特殊召喚する手段があってこのカードが必要ない、上級モンスターのサポートには死皇帝の陵墓というライバルがいる、このカードを使ってレベル調整をするくらいなら最初からレベルを統一してそのランクに特化したデッキ構築をする、などの理由でこのカードを見ることはほとんどありません。

しかし、死皇帝の陵墓と違い余分にライフを支払うことができます。
たとえば、レベル8の守護天使ジャンヌの場合は死皇帝の陵墓だと2000ライフ払う選択肢しかありませんが、このスター・ブラストの場合はライフさえ払えればレベル1まで下げることができるので3500ライフ払ってレベル1にすることができます。
この使い方は、ホープレイや巨大化とコンボする際に結構便利だったりします。

ここからは俺の使用デッキ、【フレイヤブレイザー】での使い方になりますが、

・レベルを1まで下げてワンチャン!?の発動条件を満たす。
・進化する人類、ホープレイのためのライフ調整。
・大天使クリスティアをリリースなしで召喚。

という利用方法があるため採用候補になっています。

コーリングノヴァかシャインエンジェルのレベルを1にする→ワンチャン!?を発動→フレイヤをサーチした後そのまま召喚→フレイヤに進化する人類を装備。

この流れはワンチャン!?と進化する人類を同時にサポートできるのでなかなか効率が良いのではないかと思っています。

その他にはホープレイの効果を能動的に使うためのライフ調整に使えます。
現在【フレイヤブレイザー】にはトラゴエディアが採用されているため、最大で4500ライフを払うことができます。

このように使い道はあるのですが、上にも書いたように1枚では何もできないのがネックで入ったり抜けたりを繰り返しています(笑)


最後に、守護天使ジャンヌを例に挙げている部分がありましたが机の上にあったのでそれを使っただけです。
特に深い意味はありません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。