スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フレイヤブレイザー】

《勝利の導き手フレイヤ》と《ヴォルカニック・バレット》、2体のレベル1モンスターがデッキを扱う上でのキーカードになり、前身の【フレイヤビートver2.1】同様、「《進化する人類》で《勝利の導き手フレイヤ》を強化するために相手のライフを下回るように立ち回る」という特徴的な戦術をとります。


●デッキレシピ

モンスター(20枚)

《トラゴエディア》1
《大天使クリスティア》1
《勝利の導き手フレイヤ》3
《コーリング・ノヴァ》3
《シャインエンジェル》3
《ヴォルカニック・バレット》3
《ヴォルカニック・ロケット》2
《エフェクト・ヴェーラー》2
《ヴァイロン・ステラ》1
《オネスト》1


魔法(16枚)

《サイクロン》3
《進化する人類》2
《ワンチャン!?》2
《強欲で謙虚な壺》2
《強制転移》2
《ワン・フォー・ワン》1
《ブレイズ・キャノン》1
《貪欲な壺》1
《死者蘇生》1
《大嵐》1


罠(7枚)

《サンダー・ブレイク》3
《リビングデッドの呼び声》2
《神の宣告》1
《神の警告》1


エクストラデッキ(15枚)

《フォーミュラ・シンクロン》1
《A・O・J カタストル》1
《獣神ヴァルカン》1
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》1
《ライトロード・アーク ミカエル》1
《機械竜 パワー・ツール》1
《ヴァイロン・デルタ》1
《シャイニート・マジシャン》1
《ダイガスタ・エメラル》1
《ラヴァルバル・チェイン》1
《深淵に潜む者》1
《輝光子パラディオス》1
《フェアリー・チア・ガール》1
《No.39 希望皇ホープ》1
《CNo.39 希望皇ホープレイ》1


サイドデッキ(確定枠のみ掲載)

《異次元の女戦士》2
《聖なるあかり》
《D.D.クロウ》
《レインボー・ライフ》3


※解説中に出てくる「リクルーター」とはこの記事では《シャインエンジェル》と《コーリング・ノヴァ》を指します。


●デッキの説明

【フレイヤビートver2.1】は自らライフを減らし《進化する人類》で《勝利の導き手フレイヤ》を強化して戦うのがコンセプトの一つでしたが、今回はそれに特化した形になります。なので《ブーテン》などは不採用になりました。
天使族デッキは基本的に効果による除去が少なくなりがちですが、《ブレイズ・キャノン》を採用したことによりその点は大幅に改善されました。
《ヴォルカニック・ロケット》によりデッキの打点が、《ブレイズ・キャノン》により除去力が向上しました。
【フレイヤブレイザー】の特徴として、《ワンチャン!?》から《ヴォルカニック・バレット》がサーチできます。これにより、《ブレイズ・キャノン》や《サンダー・ブレイク》を安定して運用できます。
デッキ枚数が43枚と多めになっていますが、これは《ヴォルカニック・バレット》やリクルーターといった手札でかさばって欲しくないモンスターが多数いるからです。
とはいえ、これらのカードのおかげで圧縮率は高めなのでデッキ枚数の多さはそこまで気になりません。


基本的な動きは【フレイヤビートver2.1】とさほど変わりません。リクルーターを中心に攻撃を受け止めその場に応じたモンスターをリクルートします。
基本的な打点は高くないですが、リクルーターによる守備と《ブレイズ・キャノン》による除去はなかなか強力。
相手の場に強力なモンスターがいる場合は《強制転移》を狙っていきたいところです。
こちらにはリクルーター2種、《ヴォルカニック・バレット》と送りつけるにはもってこいのモンスターが多数いるので発動には困らないはず。
特に《ヴォルカニック・バレット》はリクルーターと違い特殊召喚を行わずにアドバンテージを回収できるので《強欲で謙虚な壺》発動ターンでも気にせず転移できるところが便利です。
ただし、《強制転移》は劣勢を打開する切り札的なポジションのカードなので発動が容易とはいえ乱発は避けなければいけません。基本的には温存するように心がけ、極力《ブレイズ・キャノン》等による除去で対処していきたいところです。

マッチ1戦目は《進化する人類》による強化を狙った積極的な戦術をし、サイドチェンジで《進化する人類》out《レインボー・ライフ》inすることで2戦目以降は一変して6枚体制のリクルーターと《トラゴエディア》、《レインボー・ライフ》を構える守備的な戦術をとることが可能です。
本来は《進化する人類》の効果をサポートするためにで利用していた《ワンチャン!?》のダメージやリクルーターの自爆特攻ダメージをライフ回復に変えて戦えるのでより長期戦に強くなります。
《レインボー・ライフ》自体は《ヴォルカニック・バレット》と《ブレイズ・キャノン》の存在によりコスト確保が容易であり、上にも書いた通りリクルーターの自爆特攻とも相性が良くもちろん1キル対策にもなります。

ライフ削り
このデッキの基本戦術は冒頭にも書いた通り、常に相手のライフを下回るように立ち回り、《進化する人類》で《勝利の導き手フレイヤ》を強化してビートすることです。
↓が自分のライフを減らす手段です。

・リクルーターの自爆特攻
・《ワンチャン!?》のダメージ
・《神の警告》、《神の宣告》のライフコスト
・《ヴォルカニック・バレット》のライフコスト

【フレイヤビートver2.1】から引き続き採用されたカードに加え、今回は《ヴォルカニック・バレット》が追加されました。《ワンチャン!?》のダメージ、《神の宣告》・《神の警告》によるライフコストはライフの消費が大きく融通が利かない場面もありましたが、新たに《ヴォルカニック・バレット》が入ったことにより細かなライフ調整が可能になりました。【フレイヤビートver2.1】では不採用になっていた《CNo.39 希望皇ホープレイ》の復活採用もそれが理由になっています。


変更点(12/23~)

メインデッキは1枚しか変わっていませんが、その1枚によりエクストラデッキの変更点が多くなりました。
今回の変更で以前よりシンクロ召喚寄りのデッキになった印象です。
ただ、レベル7シンクロを4体も入れる必要はないとも思っているんですよね。そこはもうちょっと様子を見ようかと…

・メインデッキ
in
《ヴァイロン・ステラ》1

out
《トラゴエディア》1

《ヴァイロン・デルタ》を召喚するためにレベル3チューナーを探した結果、リクルーター2種に対応するだけでなくライフコストを払って発動する効果を持っておりデッキコンセプトに合っている《ヴァイロン・ステラ》という結論に至りました。
《ヴァイロン・デルタ》を召喚するうえでは、戦闘破壊耐性を追加できる《トラスト・ガーディアン》という選択肢もありましたが、レベル7以上のシンクロ召喚にしか使用できないことと《ヴァイロン・ステラ》よりステータスが低い等の理由で今回は採用見送りです。

抜くカードを選ぶのには苦労しましたが、とりあえずピン挿しでもいい活躍をしてくれる《トラゴエディア》になりました。

・エクストラデッキ
in
《獣神ヴァルカン》1
《ヴァイロン・デルタ》1
《ライトロード・アーク ミカエル》1
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》1
《機械竜 パワー・ツール》1


out
《超念導体ビヒーマス》1
《ガガガガンマン》1
《交響魔人マエストローク》1
《プリンセス・コロン》1
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》1


《ヴァイロン・デルタ》は今回の変更点の中では特に注目している1枚。
効果によりデッキの《進化する人類》をサーチできるだけでなく、守備力2800を誇る天使族モンスターのため《勝利の導き手フレイヤ》との相性は良好。「《進化する人類》で《勝利の導き手フレイヤ》を強化する」というコンセプトにピッタリなモンスターなのです。

《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》はダメ押しの1枚として。
あとはサイドに入れている《レインボー・ライフ》の存在意義を確かなものにしてくれるモンスターでもあります。

《機械竜パワー・ツール》は素材の指定がないレベル7シンクロ枠での採用です。
《ヴァイロン・ステラ》と相性が良く、500ライフコストで1枚ドローと考えることができます。
複数ターン維持できれば、相手のターンに装備されているカードを他のモンスターに移す→自分のターンに移した装備カードを装備し直す…を繰り返して毎ターン1ドローできます。

《プリンセス・コロン》は《勝利の導き手フレイヤ》とのコンボを狙っての採用でしたが、残念ながら目立った活躍はできず予想以上に自己満足で終わってしまった感が強いです。
デッキコンセプト的に考えてもどうしても《ヴァイロン・デルタ》に劣ってしまいそうです。勝っているのはコンボが決まった時の絵図くらい…
次回このカードを採用するときはもっとこのカードを生かせる構築にしようと思います。

《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》はもともと「あればいい」程度のモンスターでしたが、レベル7シンクロ枠にスペースを割くためにout。
どっちみちこのカードがあっても対闇属性デッキにおける《聖なるあかり》ほどの強さは感じられなかったので抜き候補ではありました。

・サイドデッキ

out
《プロト・サイバー・ドラゴン》1

《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》outに合わせてこのカードもoutです。

●カード解説

《トラゴエディア》
上の方でもちょろっと書きましたが、このカードとリクルーターの相性はとても良いです。
さらに《ヴォルカニック・ロケット》と《ヴォルカニック・バレット》のおかげで手札を維持しやすく安定したステータスを持ち、自身の効果でレベル1をコピーすることで《ワンチャン!?》の発動条件を満たすことができます。

《ヴォルカニック・バレット》
デッキをスムーズに回していくうえで重要なカードです。
このカードのおかげで《ワン・フォー・ワン》や《サンダー・ブレイク》が実質ノーコストで発動できたり、細かいライフ調整が可能になりました。
また、《ブレイズ・キャノン》の存在により最も墓地に置きやすいレベル1モンスターでもあります。これは《トラゴエディア》の効果を使う際に役立ちます。

《ワンチャン!?》
サーチ兼ライフ調整のカードです。
基本的には【フレイヤビート】同様、《勝利の導き手フレイヤ》で発動条件を満たしていくことになります。
サーチするモンスターの最有力候補は《エフェクト・ヴェーラー》ですが、手札や場の状況によっては《ヴォルカニック・バレット》や《勝利の導き手フレイヤ》もアリです。
このデッキでは《トラゴエディア》や《強制転移》前の《ヴォルカニック・バレット》と発動条件を満たせる場面が増えたので3枚積みでも回せそうですがとりあえず2枚です。

《貪欲な壺》
リクルーター6枚と《ヴォルカニック・バレット》を抱えるデッキなので発動は容易です。むしろ必須なレベル。

《サンダー・ブレイク》
フリーチェーンの万能除去であり、このカードの手札コストは《大天使クリスティア》を特殊召喚するための墓地調整に利用できたり、《ブレイズ・キャノン》をコストにすることで《ヴォルカニック・ロケット》の効果を腐らせない働きもあります。
《鳳翼の爆風》との2択でありましたが、《マクロコスモス》等の永続系メタカードもしっかり除去できるこちらを選びました。

サイドデッキの解説

《異次元の女戦士》
《シャインエンジェル》からリクルートできる墓地利用対策です。
普通に使っても基本1:1交換できるうえに、リクルーター4枚自爆特攻から召喚することで相手モンスターをしっかり除去したうえで《大天使クリスティア》を召喚できます。

《D.D.クロウ》
同じく墓地利用対策。
《ワンチャン!?》でサーチできるモンスターなので、1枚積みでも十分活躍できるかと思います。

《聖なるあかり》
闇属性対策。
《シャインエンジェル》、《コーリング・ノヴァ》、《ワン・フォー・ワン》の3種類に対応しています。

《レインボー・ライフ》
1キル対策というよりは戦術変更の意味の方が強いカードです。
ただし、このカードと《トラゴエディア》は相性が悪い点は注意。


ということで、【フレイヤブレイザー】でした。
ポケモン的に言うならフェアリーほのおタイプです(笑)
奇しくもこのデッキを使う俺はみずタイプっぽい【水精鱗】が苦手です(;^ω^)
ただ、《サンダー・ブレイク》の枠を《鳳翼の爆風》に変えた方がイメージ的にはより炎っぽくなるんですよね…

まぁ、それは置いといて

俺の好きな《勝利の導き手フレイヤ》と実は好きだった《ヴォルカニック・バレット》が共演した超俺得なデッキに仕上がってくれてとりあえず満足です。
ここからさらに練りこんで完成度を上げていきたいですね。
採用候補として《スター・ブラスト》なんていう面白いカードも挙がっていますから、これからまたレシピ更新することになると思います。


ではではーノシ

※2013年12月23日 レシピ更新、解説一部修正。


スポンサーサイト

コメント

No title
面白いですねー
プリンセスを横に並べるのもw
リクルーターでガジェットはキメラにできるのもw
聖なるあかりもヴェルズになら・・・
レインボーライフはエクストラデュエルのときにしか活躍しないかな・・・としか

Re: No title
>たろーさん
プロトサイバーの効果を無効にされるのは怖いところですが、それを差し引いてもリクルートして運用できるのは魅力ですね(・∀・)
レインボーライフ個人的には期待してるんですけどねー。
相手に損害を与えられないだけでこのデッキとはコストも含めあらゆる点で相性がいいので…

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。