スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【連鎖霊】

「連鎖霊」と書いて「チェーンスピリット」と読みます(キリッ
スピリットデッキを一つ持ちたくなって作りました。
主要ギミックは結構前から考えてたんだけど、パーツ集めるのがめんどくさくて最近やっと形になりましたという流れです(・∀・)

A5654_Z1.jpg


●デッキレシピ

モンスター(17枚)

《トラゴエディア》×2
《冥府の使者ゴーズ》
《荒魂》×3
《伊弉波》×2
《魔轟神獣ケルベラル》×2
《金華猫》×2
《エフェクト・ヴェーラー》×2
《ミスティック・パイパー》
《月読命》
《BF-精鋭のゼピュロス》

魔法(14枚)

《サモンチェーン》×3
《ダブル・サイクロン》×2
《強欲で謙虚な壺》×2
《強制転移》×2
《サイクロン》×2
《闇の誘惑》
《非常食》
《貪欲な壺》

罠(11枚)

《八汰烏の骸》×3
《ゴブリンのやりくり上手》×3
《デモンズ・チェーン》×3
《安全地帯》
《血の代償》

エクストラデッキ

《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
《深淵に潜む者》
《No.39 希望皇ホープ》
《交響魔人マエストローク》
《No.50 ブラック・コーン号》
《スクラップ・ドラゴン》
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》
《氷結界の虎王 ドゥローレン》×2
《獣神ヴァルカン》
《マジックテンペスター》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《A・O・J カタストル》
《霞鳥クラウソラス》
《フォーミュラ・シンクロン》


●キーカード

伊弉波
スピリットモンスター
星4/水属性/天使族/攻1100/守1800
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが召喚・リバースした時、手札を1枚捨てる事で
自分の墓地に存在するスピリットモンスター1体を手札に加える。

サモンチェーン
速攻魔法
チェーン3以降に発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動している場合、
このカードは発動できない。


●デッキの簡単な説明・動き方

スピリットモンスターが召喚時の誘発効果を持っている点、スピリットモンスターと相性の良い《八汰烏の骸》がフリーチェーンであることを利用して《サモンチェーン》の発動を狙っていくデッキです。
このデッキの中核になる《伊弉波》は水属性であり、手札のカードを捨てることができるので《魔轟神獣ケルベラル》合わせることで即座に《氷結界の虎王 ドゥローレン》を召喚、《デモンズ・チェーン》等を使いまわすセルフバウンス戦術で戦っていくことができます。
また、《デモンズ・チェーン》や《安全地帯》もフリーチェーンのカードなので《サモンチェーン》の発動サポートに貢献してくれます。

序盤の動き方としてはパーツ集めが最優先になります。
金華パイパーややりくりターボ、スピリット転移からの《八汰烏の骸》などを駆使してどんどん手札の質を高めていきましょう。
戦線の維持は《強制転移》で奪った相手モンスターや《トラゴエディア》等に任せます。


中盤以降は《サモンチェーン》によるスピリットモンスターの複数展開からシンクロ・エクシーズを狙っていきます。
発動の手順はスピリットの誘発効果(チェーン1)→《八汰烏の骸》、《安全地帯》、《デモンズ・チェーン》等のフリーチェーン(チェーン2)→《サモンチェーン》(チェーン3)、が基本になると思います。
《デモンズ・チェーン》を握っている場合は《氷結界の虎王 ドゥローレン》によるセルフバウンス戦術に移りたいところ。
そのため、《サモンチェーン》の発動をサポートする《八汰烏の骸》等のフリーチェーンカードはなるべく温存しておきたいところです。

《サモンチェーン》発動によるよくある展開パターン
手札に《金華猫》、《伊弉波》、《魔轟神獣ケルベラル》。墓地に《エフェクト・ヴェーラー》。
《金華猫》召喚から《エフェクト・ヴェーラー》蘇生で《フォーミュラ・シンクロン》。
                   ↓
《伊弉波》召喚《魔轟神獣ケルベラル》をコストに《金華猫》回収後に《伊弉波》と《フォーミュラ・シンクロン》で《氷結界の虎王 ドゥローレン》。
                   ↓
《金華猫》召喚から《エフェクト・ヴェーラー》蘇生(《ミスティック・パイパー》がいる場合はそちらでもよし)《氷結界の虎王 ドゥローレン》で《エフェクト・ヴェーラー》回収。《金華猫》と《魔轟神獣ケルベラル》で《霞鳥クラウソラス》。または3枚とも回収。


●カード解説

《伊弉波》
デッキの中核。
コストを《魔轟神獣ケルベラル》にすれば即座に《氷結界の虎王 ドゥローレン》を召喚できます。
手札で腐る可能性がある《冥府の使者ゴーズ》や《強欲で謙虚な壺》が入っているのもこのカードで捨てれるから。
なるべく早く手札に1枚は確保したいカードです。

《磨破羅魏》
《伊弉波》や《金華猫》と違い単体で機能するスピリットモンスター。
主にキーカードを揃える序盤で活躍します。
中盤以降は《伊弉波》等に召喚権を譲ることになるのでエクシーズ素材にしてもOK。

《月読命》
《闇の誘惑》のコストになり、《マジックテンペスター》のシンクロ素材になれるスピリットモンスター。
効果も強力ですが、強制効果なので単体での運用は意外とし辛いです・・・
このレシピではメインデッキに1枚、サイドデッキ(公開してないけど)に1枚で落ち着いています。

《冥府の使者ゴーズ》
《闇の誘惑》のコスト兼防御札として採用。
永続罠を採用しているため腐る場面もそれなりにありますが、そんなときは《伊弉波》や《闇の誘惑》のコストにしてしまいましょう。

《サモンチェーン》
スピリットモンスターの誘発効果、《八汰烏の骸》等のフリーチェーンカード、とチェーンを組んでいくことで簡単に発動できます。
ぶっちゃけ3回も通常召喚できれば結構いろんなことできるので、《血の代償》が霞んで見えることもありますw

《ダブル・サイクロン》
《ゴブリンのやりくり上手》や《安全地帯》とコンボしたり、チェーン数を稼ぐことができます。
相手ターンのエンドフェイズにプチやりくりターボできるのは強いんだけど、このカードの発動条件が相手に依存している部分があるのが難点。

《非常食》
《ダブル・サイクロン》枠だったけれど1枚分このカードに割きました。
《ダブル・サイクロン》と違い、相手に依存しない点と一度に複数枚墓地に送れる点でこちらのほうが優秀です。

《八汰烏の骸》
スピリットモンスターを転移した後発動することで2ドローできるので強力です。
このデッキではフリーチェーンであることも重要で、《サモンチェーン》の発動サポートも担います。

《ゴブリンのやりくり上手》
《八汰烏の骸》同様、フリーチェーンのドローソース。
このカードを発動する際は、《ダブル・サイクロン》や《サモンチェーン》等と組み合わせていきたいところです。

《血の代償》
一応投入。
《サモンチェーン》より優れている点として、相手のバトルフェイズで《月読命》を召喚することで毎ターン500ライフコストに相手の攻撃を1回止めるカードになります。

《マジックテンペスター》
《月読命》+《魔轟神獣ケルベラル》。
主に《ダーク・ダイブ・ボンバー》的な運用をしていくことになると思います。
魔法使い非チューナーが《月読命》1枚のみですが《伊弉波》の効果で回収できるので、実質《伊弉波》+《魔轟神獣ケルベラル》と考えても良いです。とはいえ召喚しづらいことに変わりはないのですが・・・
手札が減りにくいデッキなので2500~3000ダメージは安定して狙っていけます。

《霞鳥クラウソラス》
《金華猫》+《魔轟神獣ケルベラル》。
《サモンチェーン》による展開で場に残った2体を美味しく利用するために採用。
とはいえ、《氷結界の虎王 ドゥローレン》がいる場合は無理にを召喚する必要はなく素直に2枚回収でも良いと思います。
相手の場に大型のモンスターがいるときこそこのカードは輝ける思います。

●採用候補

《バトルフェーダー》
防御に不安を感じたときに。
《闇の誘惑》のコストになり、《強制転移》とも相性よし。

《D.D.クロウ》
墓地利用対策。
フリーチェーンなので《サモンチェーン》とも相性よし。

《禁止令》
このデッキは《エフェクト・ヴェーラー》が飛んでくるとどうしようもないのでその対策として。
永続魔法なので《氷結界の虎王 ドゥローレン》で場面によって使い分けできるのは好印象。

《簡易融合》
モンスターの展開を《サモンチェーン》に頼っている部分があるのでその補助として。
《カオス・ウィザード》を採用することで《マジックテンペスター》の素材が少ないという不安もある程度は解消されると思います。

《強制終了》
プチやりくりターボをしながら相手の攻撃を防ぎます。
今回はスペースが見つからなくて採用見送り。
《荒魂》が出たらスピリット枠1枚くらい削っても大丈夫だろうか・・・?


●最後に

というわけで俺がスピリットデッキを組んだらこんな風になってしまいました。
パッと見で分かる人もいるかもですが《伊弉波》を使いたかっただけです><
形としてはこんな風になったわけだけれどもギミックが複数混ざっているためにデッキのスペースは結構カツカツです。

とはいえ、【スピリット】+【セルフバウンス】にチェーン要素が混ざったこのデッキの動きは見ていて楽しいです。
動きとして派手さは全くありませんが・・・


ではでは~
スポンサーサイト

コメント

No title
荒魂いれるなら、イザナミさんがいらなくなってしまう・・・
死者転生・・・で代用できる

うーん。。
Re: No title
>たろーさん
いや、荒魂出ても伊弉波はこのデッキでは思いっきり必要だと思うのですが・・・
サーチと回収じゃ全然違うしドゥローレンによるセルフバウンスにも繋げにくくなります。

死者転生との違いは召喚権を消費するデメリットがありますが毎ターン効果が使えたり↑に書いたことができるところにあります。
荒魂が出たらなおさら死者転生で代用する必要はないと思います。

個人的には伊弉波なしではこのデッキは形にならないしこのカードの代わりはないレベルだと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。