スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【冥界の彼岸花】

なんという中二病な名前w
このデッキも前回の【TGスフィア】同様「ネタはだいぶ前からありましたシリーズ」になります。
え?ネタあったんならさっさと出せよって?

・・・だって書き上げるモチベなかったんだもん(震え声)

20130623.jpg


●デッキレシピ

モンスター(27枚)

《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》×3
《火車》×3
《ゾンビ・マスター》×3
《コアキメイル・グラヴィローズ》×3
《キラー・トマト》×3
《ゴブリンゾンビ》×3
《カードガンナー》×2
《魂を削る死霊》
《ファラオの化身》
《ローンファイア・ブロッサム》
《馬頭鬼》
《ダンディライオン》
《スポーア》
《ゾンビキャリア》

魔法(8枚)

《トレード・イン》×2
《手札抹殺》
《おろかな埋葬》
《闇の誘惑》
《大嵐》
《異次元からの埋葬》
《D・D・R》

罠(6枚)

《サンダー・ブレイク》×3
《リビングデッドの呼び声》×2
《異次元からの帰還》

エクストラ(必須のみ)

《聖刻神龍-エネアード》
《ラヴァルバル・チェイン》
《虚空海竜リヴァイエール》
《スプレンディッド・ローズ》
《蘇りし魔王 ハ・デス》
《フォーミュラ・シンクロン》

●キーカード

フェニキシアン・クラスター・アマリリス
効果モンスター
星8/炎属性/植物族/攻2200/守 0
このカードは「フェニキシアン・シード」またはこのカードの効果でしか特殊召喚できない。
このカードは攻撃した場合、そのダメージ計算後に破壊される。
自分フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
相手ライフに800ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ時、
このカード以外の自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外する事で、
このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。

火車
効果モンスター
星8/地属性/アンデット族/攻 ?/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上にアンデット族モンスターが
表側表示で2体以上存在する場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
フィールド上に存在するこのカード以外のモンスターを全てデッキに戻す。
このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻した
アンデット族モンスターの数×1000ポイントになる。

ゾンビ・マスター
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1800/守 0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
手札のモンスター1体を墓地へ送る事で、
自分または相手の墓地のレベル4以下の
アンデット族モンスター1体を選択して特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


●デッキの簡単な説明・動き方

《ゾンビ・マスター》の手札コストとして《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を墓地に送ることでモンスターの展開と除去された時のフォローを同時に行っていくデッキです。
採用しているほぼすべてのモンスターに墓地に送る意味があり、墓地=第2の手札といった扱いで回していけます。
また、《火車》の全体デッキバウンス効果は非常に強力で、状況によってはエンドフェイズ相手モンスター0、自分《火車》+《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》×3という圧倒的な場を作り出すことが可能です。

既に気づいているかもしれませんが、墓地肥やしが重要であるにも関わらず《光の援軍》や《針虫の巣窟》が採用されておらず、その類のカードは《カードガンナー》のみです。
それには一応理由があって、モンスターが半分以上占めるこのデッキで採用される魔法罠はそれぞれ重要な役割を持っていたり、1枚で状況を打開出来るカードばかりです。
そのため、こういったカード達が無差別な墓地肥やしで墓地へ行き使用できなくなるのは結果的に自分で自分の首を絞めていると判断したため無差別墓地肥やしは《カードガンナー》のみとなっています。
このデッキでの墓地肥やしはデッキから無差別に墓地へ送るのではなく、《コアキメイル・グラヴィローズ》のような選んで墓地に送れるカードや、《トレード・イン》等でドロー加速をし《サンダー・ブレイク》等で手札から捨てていくスタイルが基本になります。

スピードでは《光の援軍》等採用型に劣るものの、安定感ではこちらの方が勝っているはず・・・

そうであると思いたい。


デッキのの動き方は、とにかく《ゾンビ・マスター》を手札に持ってくるところからがスタートですかね。
多分《ゴブリンゾンビ》からのサーチが主になると思います。
《トレード・イン》等ドローソースを使用できるなら惜しまず使っていきましょう。
その後は《ゾンビ・マスター》を中心にモンスターを展開し、シンクロ・エクシーズモンスターで戦線を維持していくことになります。
その時、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》の除外コストを墓地に用意できれば理想的です。
《ゾンビ・マスター》の手札コストやシンクロ・エクシーズの素材に植物族を使用していけば大体上記のような動作になるはず。
中盤以降、こちらのアンデッドモンスターによる特殊召喚連打で相手の場が疲弊したあたりで《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を複数展開し一気に決着をつけに行きます。
相手の場に大型モンスター等がいる場合は、《火車》の効果で吹き飛ばしたターンのエンドフェイズに複数展開となります。




●カード解説

《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》
切り札その1。
墓地に置いておく必要があるが《ゾンビ・マスター》の存在があるのでそこらへんは容易にクリアできると思います。
序盤からポンポン出していくのではなくギリギリまで除外コストをためておいて、相手に隙が生まれたときに2ターン、3ターンと連続して出せるようにしておくと相手を仕留めやすいです。

《火車》
切り札その2。
このカード以外の全モンスターをデッキバウンスという恐ろしい除去能力を持ちます。
その他、《ゴブリンゾンビ》でサーチできる《トレード・イン》のコストとしても活躍してくれます。

《ゾンビ・マスター》
最重要カード。
このデッキが動くかどうかはこのカードの活躍にかかっているといっても過言ではないのでここを止められると非常に苦しいです。
サイドデッキを組む際はメタカードを攻略するためのカードを多く採用したいところです。

《カードガンナー》
唯一採用となった無差別墓地肥やしカードですが、採用理由としては破壊された時の1ドローが決め手になりました。墓地を肥やせてなおかつアドバンテージを失わない効果はやはり強力です。

《D・D・R》
手札を捨てつつ、除外した《馬頭鬼》等を再利用できます。
このカードを3枚積めばささやかながら除外対策になるか・・・

《リビングデッドの呼び声》
相手ターンのエンドフェイズに《コアキメイル・グラヴィローズ》を蘇生することで擬似的な《おろかな埋葬》になります。シンプルに《ローンファイア・ブロッサム》等を使いまわしても良し。
相手の《サイクロン》等が飛んできた場合もチェーン発動して《ゴブリンゾンビ》や《ダンディライオン》を蘇生できれば無駄がありません。


●採用候補

《椿姫ティタニアル》
《トレード・イン》のコストが少なく感じたときに。
それ以外にも《ローンファイア・ブロッサム》でリクルートできる2800の打点としても使えます。

《ワン・フォー・ワン》
手札を捨てながらモンスターの展開をサポート。
このカードを採用する場合は、《コピー・プラント》あたりを採用するとちょうどいいかもしれません。

●最後に

デッキ名の「彼岸花」=《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》ってのはわかるけど「冥界」ってなんだよ!

とお思いのそこの貴方!

このデッキ名の「冥界」の由来は《火車》の効果名「冥界入口」から来ているのです!
・・・分かりづらくてゴメンナサイ><

一応アンデッドデッキの弱点である《スキルドレイン》を《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》がうまい具合にカバーしてる感はあります。
その分、除外にはどうしようもないくらい弱いです。潔いくらいに。


それじゃー
スポンサーサイト

コメント

星邪の神喰いれたくなりますね。事故要因ですが… アマリリスと相性いいですし
Re: タイトルなし
>ゆう二郎さん
あ~、星邪の神喰っていう発想はなかったです(;^ω^)
完全に忘れてましたw
1~2枚くらい積んでみるといい働きをしてくれるかもですね( ^ω^)

No title
ファラオの化身はいいカードw
デブリドラゴンいれたくなるわー

デブリからファラオ出して、ローズ
ローズ効果のあとファラオの効果でゾンビマスター
ゾンマスの効果でモンスター並ぶよw

別のデッキになるね・・・
No title
>たろーさん
デブリドラゴンは普通に使えると思いますよー
コメントしていただいた動きも強力だと思いますし勝ち筋の1つとしては十分アリだと思います(・∀・)
カードガンナーも使い回しできますしね。

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。