スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き

朝起きたら普通に寒くてびっくりしたwwww

もう朝の外の気温は1ケタとか出てきましたね~(ここら辺は)

ちょっと前まで暑かったのになぁ(´・ω・`)

・・・そうじゃなくてだね、前回の続きだよww


前回の「炎星」の考察に続き今回は「炎舞」の考察をやっていきたいと思います。



つづきからどうぞ


※《炎舞-「天キ」》の「キ」は機種依存文字のためカタカナで代用します。
※《炎舞-「天セン」》の「セン」は機種依存文字のためカタカナで代用します。
※情報はhideの部屋様から

CBLZ-JP058「炎舞-「天枢」」永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、自分のメインフェイズ時に1度だけ、自分は通常召喚に加えて獣戦士族モンスター1体を召喚できる。また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。

出ましたねw最近増えてきた「召喚権増やす」シリーズ。
「炎星」の効果でデッキからセットもできますし魔法カードなので手札にあれば直ぐに発動できます。
「炎星」の縛りはないので普通の獣戦士族デッキにも採用できますね。


CBLZ-JP059「炎舞-「天キ」」永続魔法
このカードの発動時に、デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は100ポイントアップする。「炎舞-「天キ」」は1ターンに1枚しか発動できない。

発動するだけで獣戦士族モンスターをサーチできるチョー強い効果を持っています。
サーチ効果は発動時のみ、《炎舞-「天キ」》は1ターンに1枚しか発動できないという制限がありますが《霞の谷のファルコン》を併用すれば毎ターン獣戦士族をサーチできますね。
2つ目の攻撃力アップ効果はぶっちゃけおまけにしか見えないww


CBLZ-JP071「炎舞-「天セン」」永続罠
このカードの発動時に、自分フィールド上の獣戦士族モンスター1体を選択する。選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで700ポイントアップする。また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。

獣戦士族モンスター1体を2つ目の全体強化と合わせて1000ポイントアップさせるカード。
ノーコストで1000ポイントアップはなかなかのものでその他の獣戦士族モンスターも300ポイント強化されるんだけど言ってしまえばそれだけなんで3積みするほどのカードではないと思う。


CBLZ-JP073「極炎舞-「星斗」」通常罠
自分の墓地の「炎舞」と名のついた魔法・罠カード7枚をゲームから除外して発動できる。自分の墓地から「炎星」と名のついたモンスターを可能な限り特殊召喚する。その後、この効果で特殊召喚したモンスターの数まで、デッキから「極炎舞-「星斗」」以外の「炎舞」と名のついた魔法・罠カードを選んで自分フィールド上にセットできる。

「炎星」版《真炎の爆発》っていう感じのカードですね。
ただ発動条件が重過ぎwww
ただ効果使うだけなら《ジャンク・コレクター》とか《闇よりの罠》を使った方が簡単ですね。
あくまで簡単ってだけだけどww


CBLZ-JP0XX「炎舞-「天権」」永続罠
このカードはメインフェイズ1に発動できる。このカードの発動時に、自分フィールド上の獣戦士族モンスター1体を選択する。このカードを発動したメインフェイズ中、選択したモンスターの効果は無効化され、このカード以外のカードの効果を受けない。また、このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
(テキスト未確定)

この効果見た瞬間に《ジェネティック・ワーウルフ》が出てきたけどバニラって対象にできるんだろうか・・・
多分できないだろうなww
マジメに考えると「炎星」以外では《暗黒のマンティコア》辺りを対象にしておくのが妥当なんじゃないかと思う。


こんなとこっすねー(・ω・)

「炎舞」の登場は獣戦士族デッキを使う人にも朗報なじゃないでしょうか。
それにしても最近のデザイナーズデッキはサポートが充実してるよね。
もうこれくらいやらないとついていけない環境ってことなんだろうか。


・・・下級天使のサポートはよ


それじゃ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。