スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の収穫物



ミカエルじゃ~!!
強いですよねー。ライフさえあれば毎ターンフィールドのカードを除外できるのは強い!
非チューナーに光属性を要求する点や、ライフを減らしつつ除去を行える点で俺愛用のフレイヤブレイザーにピッタリだったので迷わず購入。
早速入れてみよう…
あぁ、そういえば今のフレイヤブレイザーはヴァイロンステラが入っていてレベル7シンクロモンスターをそこそこの頻度で召喚するんですよね、時間がある時にレシピ更新せねば。

光の追放者はずっと探していたけどお目にかかれない日々が続きましたが、この度ようやく発見(しかもレアの方)したのでそれも一緒に。


そして、これだけなんだよな。収穫物。
最近欲しいカードなさ過ぎてなんだかなーって感じです(;^ω^)

ではではー


スポンサーサイト

【考察というよりメモ書き】そよ風の精霊


そよ風の精霊
効果モンスター
星3/風属性/天使族/攻 0/守1800
このカードが自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、
自分のスタンバイフェイズ毎に自分は1000ライフポイント回復する。


回復量は1000とそこそこの数値ですが、攻撃表示でなければ効果を使えないうえに攻撃力が0なのでかなり使い辛いですね。この使い辛さは過去に紹介した光の追放者に似ているものがありますね。

しかし、攻撃力が0ということでリミットリバースに対応しています。このカードの効果を使う場合、相手のエンドフェイズ時にリビングデッドの呼び声やリミットリバースで蘇生しスタンバイフェイズで回復という使い方が有効ではないでしょうか。効果使用後はシンクロやエクシーズの素材にしたり強制転移あたりのカードで相手に送りつけると無駄がないですね。

デブリドラゴンの蘇生対象にもなります。このカードのレベルは3なのでそよ風の精霊+デブリドラゴンでレベル7シンクロモンスターを召喚できます。
また、風属性なので風霊術などの風属性サポートのカードが使えます。



今回はこんなところで。
ずいぶん昔のカードを取り上げてみましたが、やっぱり初期のカードはデメリット持ち(ボアソルジャーとか)やこのカードみたいに単体では使い辛いカードが多かったですね。
ただ、そういうカードをどうやって生かすかをあれこれ考えるのも楽しいんですよね。
こういうカードを眺めてると最近のカードはホントにスペック高すぎですよね。

「チートなんじゃないか」って思いますもん(笑)


ではではー

ゴーストフォッグを壁として使う発想



雲魔物といえば天空の聖域でダメージを抑えるのが王道だろうけど、安全地帯やミストボディをゴーストフォッグを付けて壁にするという使い方が浮上してしまった。
一応、「ゴーストフォッグの戦闘ダメージを0にする」効果を生かすことができてる…
安全地帯は天空の聖域よりも使い道が豊富で腐りにくいだろうし、安全地帯ゴーストフォッグは貫通ダメージも受けないZE!!

…う~ん、微妙だな(苦笑)


【考察というよりメモ書き】ケルドウ

20131121.jpg
ケルドウ
効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1200/守1600
このカードが戦闘によって破壊され墓地に送られた時、
相手の墓地からカードを2枚選択して相手のデッキに加えてシャッフルする。



今回、このカードを選んだのは今更ではありますがHEROビートのメタになりうると考えたからです。
なので今回の記事は相手がHEROビートであること前提になっていますがご了承ください><

戦闘で破壊された時のみですが、相手のカードを2枚デッキに戻すことができます。
相手がHEROビートの場合、墓地のHEROを除外して対策するよりもデッキに戻してしまった方が有効であることが少なくありません(シャイニングがいるので)
このカードを伏せておいて相手の意表をついてあげましょう。相手は驚くか苦笑いすること間違いなしです(笑)
ただこのカードが破壊される前にミラクルフュージョンなんかでシャイニングを出されると意味がなくなってしまうのは欠点。
いっそこちらから自爆特攻した方がいいのかな…?
このカードで自爆特攻してクリスティアを出すってのもなかなかカッコいいな。

このカードは地属性なのでレベル1地属性チューナーとシンクロすることでナチュルビーストを召喚することもできます。
相手がこのカードの戦闘破壊を躊躇するようなら、チューナーを横に並べてシンクロしてあげましょう。

このようにHEROビートメタの要素が満載(?)のこのカード。
地属性デッキや天使族デッキではサイドに1枚どうでしょうか!?


ではではーノシ

最近カードガードが面白い。

カードガード

カードガード
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守 500
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
このカードにガードカウンターを1つ置く。
このカードに乗っているガードカウンター1つにつき、
このカードの攻撃力は300ポイントアップする。
また、1ターンに1度、このカードに乗っているガードカウンターを1つ取り除き、
このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在するカード1枚に
ガードカウンターを1つ置く事ができる。
選択したカードが破壊される場合、代わりにガードカウンターを1つ取り除く。


単体でも攻撃力1900のアタッカーとして運用でき、ガードカウンターを移して他のカードを守ることができる。

…強い(確信)

今はセルケトデッキ(未完成)で採用しております。
セルケトの維持に必要な進撃の帝王にガードカウンターを移し、カードガードをリリースしてセルケトを召喚…
この動作はとても魅力的ですね。

永続系のメタカード(マクロコスモス等)やデッキのキーになりうるカード(雲魔物のスコール等)をノーコストで守り、上に書いたように単体でもアタッカーとして活躍してくれるので実は結構な汎用性を持っているのではないかと思っています。
属性・種族にも恵まれていて、ブラックガーデンにも対応しているぞ!

wikiに書いてあったことだけど、ガードカウンターが破壊の身代わりになるのは強制だから、それを生かしてガードカウンターを乗せたモンスターを送りつけてサンドバッグにするという使い方もあるんだとか。


やばい、こいつ面白いぞ。今度9枚くらい買っておこう(半分ガチ)

レシピ更新したよ~

「なるべく早く更新します」とか言って2か月放置していた【リクル天使】のレシピを更新しました。

↓をクリックするとレシピに飛びます
【リクル天使】

今回は書き方を変えてみました。
何が変わったかというと、デッキの解説をより簡単にしてみました。
長く書いてぐだぐだしないようにっていうのもあるけど、俺の負担軽減という意味もあります(ていうかほとんどそれだろ)

というわけでお知らせ以上です~

強化蘇生

「強化蘇生」永続罠
自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選択して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは1つ上がり攻撃力・守備力は100ポイントアップする。そのモンスターが破壊された時、このカードを破壊する。


っていうカードが次のゴールドシリーズで出るらしい。
強いよなぁ。
レベル4以下っていう制限はあるけどデメリットっぽいものはないし。
「このカードで蘇生したら奈落の落とし穴に引っかかりました」っていうのはデメリットになるのかな。リクルーター蘇生した時とか…
レベルを上げる効果は考え方によるかもしれない。
レベル4が軸のデッキでランク5のエクシーズが狙いやすくなるけど、強制的にレベルが上がるからレベルが合わなくてエクシーズできないということもありそう。
どちらかというと、シンクロデッキのほうがこのカードは活躍できそうですかね。
レベルスティーラーが墓地にいれば、レベル4チューナー蘇生することで強化蘇生1枚がレベル5シンクロになるようなものだし。

表示形式を選択できるのも地味に便利ですね。
攻撃力だけではなく守備力も上がるので守備力2800のディフェンドガイを出せるのは強力。

使いやすさでいえばリビングデッドの方が上なんだろうけど、デッキによってはこちらが選ばれるかもしれませんね。

【考察というよりメモ書き】英知の代行者 マーキュリー

今日木曜日だということを完全に忘れていました。
最近曜日感覚がおかしくなっているのを実感しています(笑)

今日のカードはこいつじゃ



英知の代行者 マーキュリー
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 0/守1700
相手のエンドフェイズ時に、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在し、
自分の手札が0枚だった場合、次の自分のスタンバイフェイズ時に発動する。
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


相手のエンドフェイズに存在していなければ効果を使うことができないうえに、攻撃力が0なので普通に出しただけではなかなかこのカードを生かすことはできないでしょう。
あらかじめ手札を0枚にしておいて相手のエンドフェイズ時にリビングデッドの呼び声やリミットリバースで蘇生するという使い方が有力っぽい。

攻撃力が0というところに注目して、コーリングノヴァやシャインエンジェルでリクルートしたりデブリドラゴンで蘇生してエクシーズに繋げるということも可能です。

上で書いたエンドフェイズのリビングデッド蘇生から自分のターンでもう1体レベル4天使族を召喚しフェアリーチアガールに繋げると1ターンで3枚のドローができます。

代行者の1体なので、神秘の代行者アースでサーチしたりマスターヒュペリオンの召喚コストにもなれるので、このカードをサポートできるカードは充実しているのではないかと思います。

お前とはいい酒が飲めそうだぜ…

32ばんどうろの少年の言葉。



ほう…



よく言った!
お前とはいい酒が飲めそうだぜ。


※俺は飲酒しない人です

ライトロード・ジャッジメント

再録リストが大体判明したらしいけど…

らしいけど…


…(´;ω;`)ブワッ
続きを読む

2連休って素晴らしいね

今日は2か月に1回あるかないかの2連休の1日目だったので札幌の中心地をぶらぶらしてきました。
予定では大会にも出るつもりだったけど1時間以上暇な時間を過ごさなくてはいけなかったので参加はせずそのまま帰ってきました。
なんか最近大会とかどうでもよくなってんな…
自分でも分かるもん。多分デュエルできればいいんだと思う。
ショップ行くのも面倒だし、skypeデュエルでも近いうちに再開しようかな。


続きを読む

【考察というよりメモ書き】ガーゴイルの道化師

今回のカードは昔々、俺が悪魔族デッキで使っていたカードです。


ガーゴイルの道化師
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 800/守 500
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚された時、
対象の表側表示モンスター1体の表示形式を変更する。


場に出たときに表側モンスター1体の表示形式を変更するだけのシンプルな効果ですが、特殊召喚時にも発動でき強制効果のためタイミングを逃さないのでなかなか使い勝手が良いです。

キラートマトや、リビングデッドで特殊召喚することで相手モンスターの攻撃を止めることできます。モンスターなので効果使用後にエクシーズやシンクロの素材に使えるのもポイント。
ダークバーストなどの闇属性サポートを共有でき、このカードを蘇生できるジャンクシンクロンとはとても相性が良いです。

攻撃力が800なのでブラックガーデンにも対応しています。
ブラックガーデンでこのカードを蘇生した後に何をすればよいのかはイマイチ思い浮かびませんが一応書いておきます。


懐かしいですね。
悪魔族の中では1番思い出深いかもしれません。2番目はデスガ―ディウスあたりでしょうか。
昔は相手の大型モンスターの攻撃をこのカードで止めて、死のデッキ破壊ウイルスで破壊ということもできたのですが…
死のデッキ破壊ウイルス強かったなぁ。


大会やってるはずですが…

今日は出ません。

出る元気なんてどこにもない…
家から出たくない…


今日は完全にお休みモードです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。