「デッキレシピ・解説 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ハンドヴォルカニック】



ヴォルカニックメインで行きたいから【ハンドヴォルカニック】なんだけど、【ヴォルカニックハンド】のほうが語呂(響き?)はいいんだよな。そこはどうでもいいか。
ビートダウン型にしたらヴォルカニックエッジとか入れるよりファイヤーハンドとか入れたほうが強かったっていう…
まぁいいよね、「ファイヤー」ハンドなんだし。え、アイスハンド? 知らん。

GXのキャラが使うデッキの切り札モンスターってカッコいいのが多いですよね。ヴォルカニックデビルも好きだし古代の機械巨人とかも好きですね( ^ω^)
俺がGX一番好きだからそう思うってのもあるんだろうけどw
リアルでも「ヴォルカニックキャノン!」できたらサイコーなんだぜ!


続きを読む
スポンサーサイト

【リクル天使】

今俺が使っている【リクル天使】の現行版。
リクルート先が豊富なのでいろいろな構築が考えられそうなんだけど、俺の構築の場合は例によってフレイヤ採用型なんで天使族要素が強めになっています。
手違いスキドレ採用型もはまれば強かったけど今回は安定感と俺のこだわりの両立を目指しました。
初期型【フレイヤビート】も確か似たような構築だった気がするけどアレは今振り返ると思ったよりフレイヤビートしてなかったorz



続きを読む

【フレイヤブレイザー】

《勝利の導き手フレイヤ》と《ヴォルカニック・バレット》、2体のレベル1モンスターがデッキを扱う上でのキーカードになり、前身の【フレイヤビートver2.1】同様、「《進化する人類》で《勝利の導き手フレイヤ》を強化するために相手のライフを下回るように立ち回る」という特徴的な戦術をとります。


続きを読む

【妖精雲】

《CX ダーク・フェアリー・チア・ガール》の効果を《氷結界の虎王ドゥローレン》とタッグを組むことで最大限活用していこうというデッキです。
《氷結界の虎王ドゥローレン》によってバウンスしたカードは《CX ダーク・フェアリー・チア・ガール》のバーン効果の強化に貢献しながら再利用が可能なので相手の行動を制限する力もなかなかのものです。

A31386_Z1.jpg
続きを読む

【シモッチバーン】

当ブログのバーンデッキ1号として組んでみた訳だけどこれバーンデッキになってるのかな?
回してるとたまにビートバーンに見えちゃうんだよなぁ。
【シモッチバーン】って言ってるくらいだからバーンデッキだよね・・・

20130802.jpg続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。